NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

我が家のラン活終了(こだわってないはずが・・・)

ランドセル決定しました!

 

正直、選択肢が多過ぎて、大変。

世の中の盛り上がり?(笑)と裏腹に、

オットもコドモもランドセル選びには消極的で(見に行きたがらない)、

なかなか協力が得られない、という点で、またちょっと大変。

ワタシもさほど積極的とはいえないですが、

でも、結構なお値段の買い物ですし、

6年間使うものですし、

「何だ? このラン活の盛り上がりは?」みたいに思う部分もありながら、

しかし、「何でもいい!」ともいかなかった自分がいます。

 

何とか決まりました。

 

「リュックとかでもいいかな~、みんなどうしてるんだろう?」と、

コドモの通うことになる小学校に、

まず傾向を問い合わせてみたら、

ほぼ100%、高学年になってもランドセル使用とのこと。

となると、あえて、ランドセル以外のものを買うのもどうかな?

ということになり、

まずは、ランドセル一択に決定。

 

ワタシが富山生まれなので、

富山の地元企業である、

黒川鞄やフィットちゃん(ハシモト)を贔屓にしようか、

とも思いましたが、

黒川鞄は、人工皮革の取り扱いがなく(残念!)、

早々に候補からはずし、

フィットちゃんのみ候補に入れていました。

 

とりあえず、候補をピックアップし、

セイバンは近所の量販店(家族総出)に、

池田屋は展示会(ワタシとコドモのみ)に、

フィットちゃんも展示会(家族総出)に見に行きました。

 

「ふむふむ、こんな感じか。

ランドセルってこんなに大きかったっけ?(実際大きくなっているのですよね)

ランドセルが歩いてるみたいだ。

でも、こんなものなのかな。

う~ん、決め手に欠けるなぁ」と思っていたところ、

今度は、 

ランドセル会社各社の合同展示会というのに出かけ、

そこで出会いました。

 

全く名前すら知らなかった(失礼)、

フジタのドリームクルー(黒にブルーのステッチ)

というランドセルに決めました。

(後で気がつきましたが、フジタは、実は、某ランキングサイトで、

フィットちゃん、池田屋、セイバンに次ぐ、第4位に入っていました)

 

コドモがこれまでに背負ってみた中では、

いちばん背負いやすそうでした。

「ランドセル大きい!」という感じも少なかったように思います。

 

キューブ型ランドセルで、

横幅が25㎝とコンパクト(とはいえ、1~2㎝の違いですが)なのが

大きな理由かもしれません。

 

ランドセルは、学習院型とキューブ型に分かれるそうで、

大きな違いは、こんな感じです。(ランドセルを下から見た写真)

f:id:itsnowornever:20190719170353j:plain

 

キューブ型のデメリットとしては、

①多少、強度が落ちる

②ふちがない分、ランドセルの横の皮部分に傷がつきやすい

ということはあるようです。

 

池田屋は26㎝幅、

フィットちゃんは記載がないのですが、

コドモが背負った感じからすると、

やはりフジタよりも大きいのではないかと思います。

 

①コンパクトで、コドモが背負った時に、

いちばん背負いやすそうだった。

背当てが天然牛革(蒸れずに快適なのでは?という期待) 

③パンフレットに掲載されている写真の、ランドセルを背負った子供達の姿が、

最も躍動的(と、ワタシは感じました)

(ワタシの手持ちのパンフレットの中では、ですが)

④雪国(山形)仕様なので丈夫そう。富山出身者として親近感もある。

何より、

コドモとオットが

「フィットちゃんよりフジタの方がよい」と言った。

という理由で、決めました。

 

ワタシとしては、実は、池田屋にも未練がありまして。

理由は

①ギボシベルトのデザインが安全そう 

ザーザー降りの雨でも雨カバー不要

③前ポケットのサイズが大きい

手動ロック(の方が壊れにくいと池田屋さんは主張していて、

ワタシもそうかなと思いまして)

⑤フック類が使いやすそう

故意に壊した場合も修理無料(通常、故意の場合は有料)

などなどです。

 

池田屋の展示会もオットが行っていて、フジタがいい、となるのが

理想的だったのですが、叶わず。

 

ま、でも、全部背負ったコドモが

「(フジタの)黒にブルーのステッチのがいい」と言ったので、

これでよいかな、と。

ワタシもクラリーノの素材感は、

池田屋よりフジタの方が好きだったような?

(でも、正直、同時に並べてみないとわからないです)

 

お値段、税込49,000円で、

ワタシ的には安過ぎず、高過ぎず(た、たかい、けど 笑)。

(池田屋のマットクラリーノカラーステッチだと税込51,840円)

 

後は、実際使ってみないとわかりませんね。

故意に壊しちゃったりなんかした場合には、

池田屋にしておけばよかった~とかなる可能性も否定できず。

ドキドキです。

が、フジタも、山形、福島ではシェアの高いランドセルのようなので、

大丈夫でしょう!

 

とかいう感じで、結構、時間とエネルギー費やしましたが、

決まってよかったです。

後は、コドモ、小学校、適度に行ってね~。