NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

我慢できると思って言わなかった中耳炎(耳掃除は大事)

f:id:itsnowornever:20181127162431j:plain

「耳の奥が痛い」
ある日、晩御飯を食べた後に
もうすぐ5歳のコドモが言いました。

 

そのうち涙目になり、やがて泣きました。

そして「朝から痛かった」と言います。

「どうして言わなかったの?」と聞いても答えません。

 

「お母さんに言っても『お母さん仕事だから幼稚園に行こうね』っ

 て言われると思ったの?」

首を横に振ります。

 

「がまんできるかな~と思って言わなかったとか?」

うなずきました。

 

はぁ~。

いつの間にかこういう少し複雑な感情というか考えというかを

持つようになっていたんだな~

というのが最初にまず思ったこと。

 

そして、とはいえ、まだまだコドモから自分で

言葉でうまく説明することはできないのだな~

というのが次に思ったこと。

 

これからますますコドモに対して、

相手は子供なんだからとごまかしちゃうような

悪い意味でのテキトーな対応はできないな、とも思いました。

いろ~んなことをコドモなりにどんどん考える

ようになってくるはずだから。

 

その後の対応・・・。

 

市内の夜間診療所に電話をし、

「耳の奥が痛い、咳、鼻水、微熱もある」と症状を伝えると、

「中耳炎かもしれませんが、

 市内の夜間診療には小児科しかないので、

 自宅で小児用バファリンなど飲ませて、

 我慢できるようであれば、

 一晩様子を見て、翌日耳鼻科を受診されるか、

 または、これからすぐに市外の耳鼻科の夜間診療に行かれるか、

 どちらでもよいと思います。」

とのアドバイスをいただき、

バファリンで様子見案を選択しました。

 

近所のドラッグストアまで、買いにいきました、バファリン

泣いてるコドモをおんぶして。

そしたら意外とコドモ楽しそうにおんぶされてて、

全くこの子は、とワタシ、思いながら・・・。

 

バファリンを飲んで「楽になった」と言い、その夜は寝ました。

後日、耳鼻科を受診すると、

中耳炎との診断。

そして、

「お母さん、耳垢がたまり過ぎてます。

 耳掃除をしてあげてください

と言われました。

 

「耳垢は自然に排出されるので、

 耳はあまりいじらないほうがよいと聞いていたのですが・・・」とワタシ。

今まで、一度もコドモの耳掃除はしたことがありませんでした。

 

「大人の場合はいいんですが、子供は新陳代謝がいいので、

 月に1回、または2ヵ月に1回位は、耳掃除をしてあげて下さい。

 といっても、(自宅で)耳掃除はなかなか難しいので、

 耳鼻科に来て下さい。耳掃除しますので。」

と言われました。

 

え~、聞いたことないよ~。

誰も教えてくれてないよ~。

コドモが以前他の耳鼻科に行った時もそんなこと言われなかったよ~。

 

我がコドモはまだ鼻をかむことができないという事情もあり、

耳掃除と耳のチェックも兼ねて適宜耳鼻科に行ったほうがよさそうかも。

 

これから気をつけたいとは思いましたが、

耳掃除は大事って、

どこかで誰かが教えてくれてもいい情報のように思った出来事でした。