NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

【子供とお出かけ】天気の子の感想

ワタシの「気分転換したい」という気分をどうにかする為?

 

コドモ(5歳年長)は嫌がっていたんですが(苦笑)、

「たまには大人につきあって!」と、

無理やり、映画「天気の子」を親子3人で観ました。

 

ネタばれがありますので、

観ていない方は読まないで下さいね~!

 

もともと、コドモにとっては興味なしの映画ですし、

映画の前に、ボーネルンドあそびのせかいキドキドで

遊び倒していたので、

「(コドモは)寝ちゃうかな?」と思っていましたが、

最後まで起きて観ていたようです。

 

終わってから、

「どうだった?」と聞いたら、

「う~ん、音は楽しかったけど、ミュウツーの方がよかったかな」

だそうです。ナルホドナルホド。音は楽しかったのか!

 

ワタシの感想は、

薄々感じていたことではありますが、

49歳になっても、ワタシはやっぱりラブストーリーが好き

いうことが、まずありました。笑

 

これまで、映画、ドラマ、小説、マンガ等、

たくさんのラブストーリーに接してきて、

ラブストーリーに浸る時の、ワタシのキーポイントの1つは、

どうやら、何故、その人に心惹かれていくのか?という部分のようで、

それが納得いくように描かれてないと、

大抵、「もうちょっと丁寧に描いて欲しかった」という感じの

感想を持ってしまいます。

 

その人でなければならない理由、その人がかけがえない理由、

がどの程度描き込まれているか、

というのが結構大きなポイントです。

それがないと、その人の為に(例えば)命を懸けたりすることに

説得力が出てこなくて、心が動きにくいです。

 

天気の子では、

陽菜(ひな)が帆高(ほだか)に惹かれた理由は、

「私に、(世界の中での)私の役割を教えてくれたから」というのが

大きかったのかな、と観ました。

それは、ワタシにしてみれば、ものすごく納得のできる理由です。

 

帆高が陽菜に惹かれた理由は、

う~ん? 陽菜が自分にはない能力を持っていたから?

でも、結局、その能力を陽菜は失うことになるから、

それはきっかけだけ? となると?

孤独の中で、優しくされたから?

(ワタシとしては、それだけでは物足りなくて、

もうちょっと理由が欲しい・・・)

とか、あれこれ考えてしまいました。

 

 実際の場合は、人間関係の中で、

 ちょっとでも、心に触れるものがあれば、

 惹かれちゃうというのも、よくわかりますし、

 理由なんてわからずに、

 何となく好き、とか、とにかく容姿が好き、

 というようなのも大いにあり得ると思いますが、

 フィクションの場合は、やはり、納得できる理由が欲しい、というのが、

 ワタシのラブストーリーへの気持ちなんだな、と思いました。

 

「自分を犠牲にしても、世界や好きな人を守る(助ける)」は

言いやすい(ムズカシイけど)し、

共感を得やすいように思います。

(陽菜の最初の決断はそれ。

でも、最終的には、自分を犠牲にしないし、世界を助けない?

好きな人のことは半分助けて、半分助けない感じ)

 

「(自分含めた)世界を犠牲にしても、好きな人を守る(助ける)」は

なかなか言いづらい。

けど、帆高はそれを言ったのか、と。

そう言われる立場だったら、嬉しいかな? どうかな?

 

 (この映画の感想とは、また、別の話で)いちばんかっこいいのは、

 人を助けて、自分も助かるだと思ってますが。

 

オットが言ったのは

陽菜と帆高は世界を変えたのか?

ということでした。

 

あぁ~、変えていない?と受け取る?

元々、そういう世界になるはずだった?

 

ごくごくシンプルに、

どんなに狂った世界であっても、

2人は、世界は大丈夫だという物語? 

 

自然災害は増えているし、

ワタシに身近な問題としては、これからも何十年と続くであろう、

この、夏の暑さを何とかして大丈夫にしなきゃな~

と、現実的なことなども考えてしまいました。