NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

【ラグビーW杯2015日本vs.南ア】ラグビーファンでなくても鳥肌が立ったという話

ワタシはスポーツ観戦が苦手なタイプです。

 

スポーツも、観る目が必要で、

ワタシなんかだと、プレイに目が追いついていかないので、

なかなか本当には楽しめないんです。残念ながら。

 

が、先日のTV番組「世界一受けたい授業(日テレ系)」で、

第8回ラグビーW杯2015年大会の日本vs.南アフリカの話が

取り上げられていて、

それが、ワタシみたいな、スポーツ門外漢にも、

鳥肌モノだったので、ご存知の方には今更な内容となりますが、

ちょっと書いてみたいと思います。

 リアルタイムでは、ワタシ、あまり関心なく、知らなかったのです。^^

 

勝つべきチームは・・・ 

そもそも、ラグビーは強いチームが勝ち、

あまり、番狂わせは起きないスポーツなのだそうです。

勝つチームが勝つべくして勝つそうです。と、オットの受け売りです。

 

南アフリカはW杯2回優勝の強豪、

対し、日本は、それまでの過去7大会で、わずか1勝という、状況。

 

前半戦10対12で折り返し、

後半31分、得点は29対29 南アがPK(ペナルティキック)を得て、

PG(ペナルティゴール=キックでゴールを狙う。入れば3得点)を選択。

決めて、29対32となる。

3点差を追い、残り9分。

 

日本チームの選択

残り3分。南アに反則があり、日本にPKが与えられ、

PGを決めれば3点引き分けに持ち込める、という場面。

しかし、日本の選択は、あくまでも5得点の逆転トライ狙い。

残り約1分。

ゴールやや左でまた南アが反則。

日本側、PGなら簡単に成功できる位置にいる。

それでも、日本はなおもPGではなく、スクラムを選ぶ。

引き分けではなく、狙うのは、ただ逆転勝利のみ

 

カッコ良すぎじゃないですか!

勝負が決まるまでのわずかな時間に、もう涙と鳥肌です。

あの、高揚感?は、そのクライマックスシーンの説明を受けただけの、

ワタシですら、モノスゴイものがありました。

 

エディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)はPGの指示を出していて、

でも、選手の気持ちは、全員が逆転トライ狙い一択で、

躊躇なく、勝負に出ました。

ジョーンズHCが、自分の言うことを聞かない選手達に怒って?

無線機?というのでしょうか?を投げつけるシーンもありました。

 

結末~スポーツ史に残る番狂わせ~

それで、結果、逆転トライで、勝利!

ラグビー史のみならず、スポーツ史に残る番狂わせと、後に言われているようです。

勝ちを決めたから、尚更、かっこいい!です。

決められずに、負けることになっていたとしても、

かっこ悪いことはないけど、

でも、勝ったからこそ、ますますかっこいい!

 

オットとワタシの感想

オット曰く、

「こういう場面って、普通は、選手の間でも、意見が割れるんだけどね。

引き分け狙いで、勝ち点でいこう派と、あくまでも逆転トライ派と。

それが割れなかったっていうのが、すごい」だそうです。

 

日本の選手達は、南アの選手達の焦りみたいなのを、

試合をしてる間に感じていて、その上での、

あくまでも、逆転トライ狙いだった、とのことでした。

ただの根性(根性も大事だと思うけど)論とかではなく、

冷静に、客観的に計算した上での戦い方だったのかなぁと、ワタシは思いました。

 

それで、全部ひっくるめて「すごいよね~」ってワタシが言ったら、

オット曰く、

「そうでしょ~? 

ボクが、映画とかにあんまり感動しないって言うのがわかるでしょ?

どんなに感動したとしても、所詮作りモノでしょ?」だそうで。

 

ワタシは、作りモノにも、そこに携わる人間の想いや情熱があると思うので、

作りモノには作りモノの感動がある、と常々思っていますが、

でも、オットの言う事にも一理あるな、と、思った出来事だったのでした。