好きに暮らす -now or never-

短時間パートママが7歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【小2】個人面談

小2コドモの先生との個人面談に行ってきました。

 

何点かお話があったうちから。

 

「友だち同士、じゃれあったり、

 ちょっかいかけあったりするのが好きみたいで、

 『今はコロナもあるし、そういうのが嫌な人もいるから、

 しないようにしようね』と声掛けしています。

 後、何かあった時に『どうして(そういうことをしたの)?』と

 聞いても、黙っちゃう時があります。

 この位の年齢だと、まだまだよくあることなんですけど」

 

コレ、前半部分は、コロナめ~! な話でした。

子ども同士じゃれあってナンボ! な部分があると思うのに、

それが制限されちゃってるなんて・・・。

ま、でも、嫌がってる子にするのはよくないです。

嫌な理由がコロナがらみだったとしたらそれは切ない。。。

 

家でやんわり

(感染症の心配がなければ、子ども同士、じゃれあって遊ぶのが

そこまで制限されるべき事とは思わないので、やんわり)

そのように伝えたら

 

「だって、友だちいっぱいいるんだもん。

 楽しいんだもん」 ← おっ! いいじゃーん!^^

 

「そうだよねー。楽しいよねー。

 でも、触られるのが嫌な人もいるっていうのと、

 今、コロナの心配もあるからね、少し気をつけようか」

 

後半の、黙っちゃうという部分に関しては、

家でもそんな感じ思い当たります。

先日の「お父さん、そんなに嫌?」の質問にも

黙ってたし・・・。

【小2】イレギュラーに弱っ! な週 ④ - 好きに暮らす -now or never-

 その後、オット曰く

 「あれから意地悪(笑)されなくなった。ありがとう!」だって。

 何かしらコドモに響くものがあったっぽいです。よかった!

 

何となく感じるのは

①適切な言葉を見つけられなくて説明できない。

 自分の気持ちにぴったりくる言葉がわからない。

 又はまだ知らない。

というのと、場面によってではあるんですが、

②ここは黙っておいたほうがよさそうだ、と考えてあえて黙っている

という時もあるような。②は家ではあまり感じないけど。

 

①については、

「家でもそういう感じはあって、

 語彙がまだ足りてないのかなと思うので

 こちらから多少誘導にはなるけど

 『こういうこと?』と選択肢を与えて聞いたりしてます。

 そのうち、言葉も追いついてくるかなーと思ってるんですが」

と先生にお話ししたら、

「それでいいと思います。続けていって下さい」

とのことでした。

 

②については、先生には何も言わないままで、後で 

「ここは黙っておいたほうがよさそうだ、

 と思って黙ってる時もあるんじゃない?」と

コドモにだけ聞いてみたら

「バレちゃったかー???」みたいな顔しながら

「うん」だって。

我がコドモに限らず、子どももいろいろと考えてるということですねー。^^

 

表裏一体な話では

「字を書くのが速くて、メモとか速いです」

文を書くのも速いらしい。。。

そして、わかっちゃいたけど

 

「でも、汚いです」

↑ 一般的に、後にくる内容のほうが、より言いたくて、より強調したい事実か???^^

 

「速く綺麗に書けるといいんですけどねー」とのことでした。^^

そりゃあそう!

 

とは言え、個人的には、

丁寧に書けば一定程度には書けるようなので

ワタシはそんなに気にしていません。

『頭の回転の速い人は手が追いつかなくて字が汚い説』 

ノート術と愛用の家計簿 - 好きに暮らす -now or never-

というのもあると聞き、コドモがもしそっちだったらもうけもん!

な気持ちもありつつ。。。← 親バカな願い。^^

さて???

 

と、懸念していたザリガニ釣りのこと、確認しました。

【小2】ザリガニ釣りの憂鬱再び - 好きに暮らす -now or never-

「子ども達に『お家の人と相談して、ザリガニ持って帰るか、

 その場で放すか決めてきてね』って言ってあります」

我がコドモはちょうど学校を欠席していて聞いてなかったっぽい。

よかった!

 

そんなこんなな個人面談でした。