好きに暮らす-now or never-

短時間パートママが小3男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【小3】算数の文章題の読み取りが素直過ぎる?

あるあるといえばあるあるでしょうか?

 

例えばこんな問題。

たて20m、横10mの長方形の土地があります。この土地のまわりに、5mおきに木を植えます。木は何本必要ですか。

土地の周りの長さが(20+10)×2=60m

5mおきに植えるから 60÷5=12 答え12本

という問題です。

 

小3コドモの最初の読み取り。

 

「え~、土地のまわりに5mおきに木を植えていくんでしょ?

 そんなの、無限大じゃん!」

 

曰く、その長方形の土地のまわりというのは

無限大に広がっていってるだろうから

その面全体に広がるように

5m間隔で点在するように木を植えていくとしたら

無限に植えられるじゃないか!

ということのようでした。

 

まぁ、言われてみれば確かにそう読めなくもない。

まわりを『周辺』という面の意味で読んでるのですね。

『周辺』が無限大に続く、というのではそれはやがて周辺にならないんじゃないか!

とも突っ込めますが。

 

公立小の算数文章題の読み取りには

苦労しなかったほうのタイプのワタシからすると

何であえて(悪く言えばひねくれて?)

そんな読み取り方するの~?

そしたら答え出ないじゃん!

という感じなのですが、

オットに言わせると、

「コドモがそんな風に読むのはよくわかる。

 だって、そう読める。

 俺も最初、算数の文章題って

 そういうところがよくわからなかった」

なんだそうで。

 

土地のまわりに、と言われて

土地の周囲の線上だけをパッと思い浮かべてしまう

ワタシのほうが素直じゃない読み方してるの?

なんて思ってしまいました。

 

とは言え、

これから算数の問題を様々解いていくことになるわけで

コドモには

「算数でも他の教科でも何でも

 今みたいに『僕はこう読むけど』ってことあると思うんだけど、

 『普通はこう読む』みたいなことがある場合もあるんだよね。

 何が『普通』かは、また難しいと思うんだけど。

 問題が不親切なこともあるし、おかしいこともあるよ。

 でも、基本的には、

 問題を作る人は『こう答えてほしいな~』って

 思って作ってるから、

 正解したいと思うなら、

 その問題を作った人の気持ちを読み取って

 答えていくのが大事なんだよ」

と言いました。

 

算数の文章題への慣れの問題もあるのでしょうが。

 

ここから妄想。

 

『まわり』と言われて

ワタシのように

パッと周囲の線上を思い浮かべるのを発想Xタイプ

と仮に定義して

周囲を面で思い浮かべるのを発想Yタイプ

と仮に定義したなら、

YタイプはYタイプで

テストで点は多少取りにくいかもしれないけど

後々おもしろいことを考えていくかもしれないな~

と思うような思わないような・・・。

両方の視点を持てるのが最強か???

 

なんて。

さて、どうなることやら?^^

両方大事にできるようにフォローできるといいんだけど。

 

小2時に、文章題の意味がわからないと言ってる様子。

【小2】『算数の文章題の意味がわからない』問題 - 好きに暮らす -now or never-