好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが7歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

子育て大変だよ。とか、国語で得点できない理由の一つとか。

「子どもが小さいうちの子育てって大変だよ」って、

 

弱冠(←7歳に使うものではないか^^)7歳の

コドモに言われた日には

 

へっ?

 

となりました。^^

 

ほんと、何の脈絡もなく言われたので。

 

え? ワタシ、そんなにコドモの前で『大変さ』醸し出してるっけ?

こないだ「すくすく子育て」(NHKEテレ)を一緒に見ちゃったからかな?

 「私の子育て厳し過ぎる?」がテーマでした。

 ワタシは、もう甘々で育てている自覚です。^^

 

「何でそう思うの?」

 

「赤ちゃんは、あっちとか、こっちとか、

変なところに行っちゃうから」

 

あそう。もう、自分自身は子育て大変な時期からは

とうの昔に、抜け出してるわけね。

ま、だいぶ楽になったけどね!^^

 

******************************************************

たまたまついていたTVが病気についての番組になって

 

「心筋梗塞は・・・で~」

 

すかさずコドモ。

「(チャンネル)もっと平和なのにして。

 

   ・・・

 

 僕は平和主義だからさ」

 

******************************************************

コドモが持ち帰った答案。

お話を耳で聞いて答える問題だったよう。

f:id:itsnowornever:20201204054417j:plain

すすむさんのたからものがすすむさんだったらいいね。^^

コドモも自分自身のことを大切に思ってね。^^

 

と、ここからは少し真面目な話で。

 

子どもが国語で得点できない場合に、

話を聞いたり、文章を読んだりして、

その中の登場人物はどうか

いうことを質問されているのに

自分だったらどうか、ということとごっちゃになって

答えてしまうというケースがあります。

 今回のはそれにあてはまるかもしれないし、

 あてはまらないかもしれないし、といったところ。

 

 子どもによりますが、下手をすると、

 自分の考えに×がつけられたような気持ちになる場合もあるようです。

 そして、怒り傾向に向かうか、凹むほうに向かうか、

 スルーするか、も子ども次第。

 

まだわからないけど、

我がコドモも『登場人物はどうか』のところを

うまく理解していないのかもしれません。

しばらく様子見ますが。^^

 

こちらも国語の読解問題についての記事。

国語の読解問題「普通はこう読む」レベル - 好きに暮らす -now or never-