NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

我が家のリノベーションはどうした?

f:id:itsnowornever:20190223182118j:plain

この家がいい!
という中古の家を見つけ、
リノベーションすることになりました。
(回想です)
家探しの経緯はこちら。

 

家探しを始めるまで、

そんなこと思ったこともなかったのですが、

たまたまチラシが入っていて、

「行ってみる?」と確かオットの方から提案があったような?

そのショールーム

築20数年のごくごく普通の民家をヴィンテージ風にリノベーションしたというもので、

その雰囲気、空気感みたいなものが

夫婦ともにとっても気に入りました。

 

ヴィンテージハウスと言っても私にはボヤッとしかわかりませんが、

とにかく居心地がよかったです。

 

古びていくことが味になるような家がいい

とオットに話していて、

まさに、まさに、という感じでした。

 

リノベーションにあたって、

いろいろやりたいこともありましたが、

予算の都合上もあり、

いちばんのポイントは1階部分の壁と床になりました。

(予算の関係で、2階までは手が回らず、です。残念!)

 

1階の床(リビング、廊下、洗面室、トイレ)を全て杉板にしました。

LDKの壁、天井は全て珪藻土で仕上げ塗りまで、塗ってもらいました。

 

玄関、廊下、洗面室、トイレ、リビングに隣接する和室の壁は、

珪藻土で下塗りだけお願いしました。

珪藻土の仕上げ塗りはオットがすることにしました(またしても予算の都合・・・)。

 

私は素人なので、

そんなことあまりわからなかったのですが、

壁や床って、家の雰囲気作りの大きなポイントになる

のだな、と思いました。

 

珪藻土の壁は、調湿作用があると言われていて、

梅雨時の不快感を軽減してくれている?かな?

後、結露が少ないように思います。

(対これまで住んでいたアパート、マンション比)

 

杉板のよさ(と悪さ)についてはこちらの記事。

 

細かいことはわかりませんが、

珪藻土の壁と杉の床とで、LDKの空気がきれいな気がします。

息がしやすい、というか。

(ワタシ個人の感想ですけど)

一日家にいても、まったく圧迫感、閉塞感、うつうつな感じがない、というか。

 

後に、食器棚兼キッチンカウンターを

LDKの床と同じ雰囲気で杉で作ってもらいました。

 

コドモが小さいうちは、

コドモが走り回ったり、ボール遊びもできるよう、

LDKには、ローテーブルのみ置くことにして(TVボードとか電話台はあります)、

ダイニングテーブルもソファもなしで過ごす予定です。

 

コドモが少し大きくなったら、

(高さが低めの)ダイニングテーブルは買う?かも?どうしよう?という感じです。

それも今から楽しみです。