NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

お気に入りのクレヨン

f:id:itsnowornever:20180711120904j:plain

いつからか定かではありませんが、
クレヨンってあまり好きではありませんでした。
匂いも好みではなかったし、
手や紙が汚れるのも嫌だったからです。
コドモがお絵描きするようになったら、
汚れるな~と軽くキョーフでした。

 

ですが、コドモの最初のクレヨンでとってもよいクレヨンをいただきました。

コドモがクレヨンを使った後に、「手を洗って」とかいう必要がありません。

『シュトックマー蜜ろうクレヨン』です。↓

f:id:itsnowornever:20180711121131j:plain

 

f:id:itsnowornever:20180711121338j:plain

我が家は、スティックタイプの16色セットをいただきましたが、

ブロックタイプや、その他のセット等もあります。

単色からでも購入できます。

我が家の場合、黒色の減りが早いので、黒だけ5本とか買ったりしています。

 

口に入れても安全、カスが出ない、折れにくい、

そして、本当に手が汚れない。

私としては、感動物で、これ以外のクレヨンは考えられないくらいの

勢いだったんですが、

難点もありまして、

 

黄色人種の肌の色、ペールオレンジがないんです。

後、比較的よく使われるであろう水色、

濃いめのピンクもありません(薄いピンクはあります)。

 

ペールオレンジだけは、違うメーカーのものを買い足しました。

やっぱり手や紙が汚れて、カスが出ますけど。

 

注意点は、他のクレヨンも同じだとは思いますが、

直射日光の当たる窓辺にクレヨンを置いてはいけません。

溶けました~。(ロウが高温で溶けるんです)

 

優しい義母が「そろそろ(クレヨンが)減ってきただろうから」

と言って、新しいものを買っておいてくれてました~。

ありがたいです。

 

オマケ。

我が家では、こんなものを作ってクレヨン立てにしています。↓

 f:id:itsnowornever:20180711121246j:plain

チョコが入っていた四角い缶に、

厚紙に切れ込みを入れて組んだものをテープで貼ったりして作りました。

我が家では好評な出来映え。

ポイントは厚紙の高さが違うところで、

減ってきた短いクレヨンは低い部分に入れると取り出しやすいようになっています。

f:id:itsnowornever:20180711120904j:plain

どうしても、クレヨンに巻いてある紙がボロボロになってくるので、

新しい紙を巻いてはテープで貼り直しして使ったり、

マスキングテープでらせん状に巻いて使ったりしています。

 

さらにさらに、短くなって持ちづらくなったクレヨンは、

違うクレヨンと平らな面どうしをくっつけて、

またまたマスキングテープで巻いて使ったりしています。