NOW OR NEVER

50目前にして6歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

【こども園年長児】最近の様子から

コドモの登園しぶりは相変わらずです。でも、何だかんだ行ってます。

 

最近のコドモとの会話。

 

「幼稚園行きたくない。

せめて、大人が行ってよ。

あぁ~こどもは嫌だな。」

 

「じゃ、早く大人になる?」

 

「・・・・・・」

 

ずっと、コドモは『大きくなりたくない』と言ってきました。

しかし、『せめて』ってどういう意味だろう?

 

********************************************************

「お遊戯会の練習とサッカーの日だけ行きたい。

お遊戯会が終わったら、幼稚園やめたい・・・」

 

お遊戯会で、踊るのは好きみたいです。

サッカーは好き。 

 

******************************************************** 

少し年齢高めの人を見ると、すぐに

「あ、へんなオバサン」

「あ、へんなオジサン」

口が悪いですね。

 

「お母さんも、オバサンっちゃあオバサンなんだけど

(あまり、自分からオバサンとは言いたくないワタシの

微妙な言い方・・・)」

 

「ママはね・・・」

 

「うんうん? なあに?」

 

「ママは、、、、

 

 

 

かわいいオバサン!

 

あっれぇ? 『ママはオバサンじゃない』って言ってくれてなかったっけ?

それが聞きたかったのに。

う~ん。『かわいい』を喜ぶべきか?『オバサン』を悲しむべきか?

う~ん。どっち? ^^ 

 

*****************************************************

コドモの好きなものが、1個増えました。

ボルダリングです。

動画で見て、コドモから「やりたい」と言い出し、

週末、ボルダリングジムに行ってきました。

 

実は、オットがかなり以前から「やってみたい」と言っていたスポーツで、

「お? 父子の共通の趣味になって、2人だけで遊びに出かけるようになるかな?

そうしたら、少し、ワタシにも自由な時間ができるかも」

と、ちょっと期待したのですが、

残念! ボルダリングは危険の伴うスポーツなので、

保護者がそばで見守らなければなりません。

言うなれば、崖のぼりですものね、ボルダリングって。

 

家族3人で出かけて、

オットとコドモの2人がボルダリングで楽しんでる

(2人とも、すっごく楽しかったようです)間、

ワタシはコドモの近くでずっと見てました。

ま、いいんだけどサ。^^

 

でも、たまには2人でボルダリングに出かけてもらって、

オットに付き添いもやってもらうようにしよう! そうしよう!

 

ボルダリング自体は、体の使い方を覚えたり、

筋力をつけたりするのに、すごくよさそうなので、

「好きならどうぞ、楽しんでやって下さい!」と思っています。

 

最近、運動が苦手というレベルを超えて、

運動機能?が低過ぎる子供が増えているそうなので、

 転ぶときに、反射的に手を出すことができずに、顔から転んじゃうとか

 ちょっとしたことで骨折しちゃうとか、そういうことです。

コドモについても

「マイクラばっかりじゃなぁ~(サッカーもするけど)」と思っていたので、

望むところです。

 

オットは小さい頃、木登りが好きだったそうで、

う~ん、血は争えないか!?

 

マイクラとサッカーと

ボルダリングとお遊戯会が好き

だそうです。 よいよい。^^