好きに暮らす -now or never-

短時間パートママが8歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【小3】納豆巻き事件

コドモ小3、納豆巻きが大好きです。

 

とある日の間もなく晩ご飯という時間帯。

 

「納豆巻き食べたい」

 

「え? 今? 今から作るんだと晩ご飯の時間に間に合わないよ」

 

「え~。食べたい~」

 

「うーん。なら、作るか。明日休みだしね。

 ちょっと晩ご飯遅くなるよ」

 

「いいよ」

 

と、ワタシとしてはちょっと嫌だったけど(完成までの工程が多いから)

作り始めました。

 

米を浸水するところから始めて

(冷ご飯が残っていたので、その日は米は炊かないつもりでした)

炊いて、酢飯にして、

納豆刻んで、味を付けてかき混ぜて、

巻きすに海苔のせて酢飯のせて納豆のせて巻く。

そして切り分ける。。。

 

「できたよ~」

 

「食べる〜」

 

「どーぞ」

 

「あれ? かたいところがある」

 

「ん? おこげのところかな?

 でも、いつもと一緒だよ」

 

「え~。かたい~。いや~」

 

「え? いつもと一緒なんだけど。

 たまたまかたいところがあったのかな?

 ほかの、食べてみたら?

 食べてダメだったら吐き出してもいいから」

 

「やだ。食べたくない」

 

「え~。食べないの?」

 

「うん。いらない」

 

「・・・」

 

「ほかに何かないの?」

 

「ないよ」(その日、偏食のコドモが好きそうなものは他にありませんでした)

 

「・・・」

 

「・・・」

 

   ・

   ・

   ・

 

「ママ、何でしゃべんないの?」

 

「ママ、機嫌悪いから。

 『時間が遅くなるから作るの嫌だな~』って思ったけど

 でも、『〇〇(コドモの名前)が食べたい、って言うから』って思って

 作ったのに、『食べない』って言われて

 ムッとしてんの。ガッカリしてんの。

 そんなすぐに普通にしゃべれない。

 ママにだって気持ちがあるんだよ

 

   ・

   ・

   ・

 

ぼくにだって気持ちがあるんだよ。うぇ〜ん」

 

「それはわかってるけど・・・。

 かたいところがまじってたのは悪かったけど。

(何度も書くけど、いつも作ってるのも同じなんだけどね)

 

   ・

   ・

   ・

 

 もう少したったら大丈夫だから、

 ちょっと待って」

 

しばらくして気を取り直して、もう一度

「ちょっと食べてみてよ。ダメなら出せばいいから」

 

「うん」

 

パクリ。

1個、吐き出してたけど、後は全部食べてました。

(ほら、食べれるやん!)

 

「次からは、おこげなしで作るよ」

 

親に忖度してほしいとは全然思わないけど、

でも、ちょっとくらいはさ、してくれてもさ、いいんじゃな~い?^^

いや、しなくて、いいんだけどね。^^

 

って、後でしっかりオットに愚痴っときました。^^

 

あまり気が進まないことを頑張ってやって、

結果、報われないとガッカリ感が大きかったな~、でした。

 

本日また作った納豆巻。おこげなし。

知る人ぞ知る? パン切り包丁で切ると、割と切りやすいです。

手巻きでやるのは嫌なんだってさ~。手巻きなら、母は楽なのに・・・。