好きに暮らす

短時間パートママが小4男子の子育て中。好きに書いてます。^^

心浮き立つ、クリスマス。知らなかった由来

前回記事、当ブログとしては
とてもよく読んでいただいたみたいでありがとうございました!

 

うま味調味料推奨派と非推奨派でディベートしてほしい

なんて書いたけど

最終的には何%の安心感を求めるか、何を信じるか

みたいな話に行きついて、どこまでも決着はつかないか…

と思い直してみたり。

 

ワタシは

これまで通り

できる範囲で自然なものを使うようにして

嗜好品的に、外食含めて、加工食品含めて

たまにアミノ酸等入りのものを食べるのも悪くない

くらいのレベルで考えていこうかと思っています。

 

アミノ酸等入りは全てNGと思ってると

本当に社会生活に支障を来たす部分があったりして…。

商品が入手しにくかったり

外食もしにくくなるし

頂き物にも感謝できなくなっちゃったりして…。

 

と言う部分がありつつ

アミノ酸入りの食品が美味し過ぎてちょっと苦手かも?

という自分やオットの感覚は大事にしたいし

逆に、柿ピーは普通にスーパーに販売されている

アミノ酸入りのもののほうが美味しい

という感覚も大事にしたい、と思います。

 

美味しい! と感じるかどうかが大事っていう意味では

アミノ酸使いにも作り手のセンスが問われる

ってことなのかなとも思いました。

 

アミノ酸等以外の食品添加物全般については

無理のない範囲で、なるべく避けようと思っています。

それが正解かはわからないけど、自分の気持ちの中で

アミノ酸等より厳しめ基準で。^^

 

と、前振りのほうが長いかも? になってしまいました。

 

もうすぐクリスマス!

毎年「うちはキリスト教徒じゃないのに…」とかと

オットに言われつつ、まー、いいじゃないの!

と楽しんできていましたが

何となくパレスチナ地区辺りのことを思うと

キリスト教が直接関係するわけじゃないけど

キリスト誕生のお祝いということに何も考えずに乗っかるのにも

ほんの少~しは気後れしてしまい

他に何かもっとよい謂れはないのかい?

クリスマスと冬至が近いのに何か意味あったりはしないのかい?

と思ってちらっと調べてみたら

ありました。

ワタシに教養がなかっただけかもしれませぬ…。

 

   ・

   ・

   ・

 

キリスト教以前の話で

元々、冬至祭・収穫祭という意味での

祝祭が行われていたことを起源とする…との説があるようで。

 

初めて知りました。

そういった感じのお祝いと捉えたら

キリスト教徒ではない自分も

心置きなく浮かれていられる! ^^

と、オットに言ってみよう!

 

クリスマスは、1年の締めくくりに近づいていくし

街全体で浮き立ってくる感じもあって

そんな感じのところが、ワタシは好きだなーと思います。^^

 

よいクリスマスを!