好きに暮らす-now or never-

短時間パートママが小3男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【小3】100点と0点の真ん中が平均点になる

「『100点と0点の真ん中が平均点になる』ってことに気づいたんだよ~」

 

と、嬉しそうに、小3コドモが話してくれました。

 

ワタシからすると、

「え? そんなこと?」

という感じがなくはなかったのですが、

コドモにそう言われて思い出した新聞記事が。

 

素粒子物理学者の松浦壮さんの記事です。

松浦さんが5歳頃の時の、お父様との会話です。

父:「2と4を足してごらん」

私:「ん~~、6!」

父:「いいね。6の半分は?」

私:「半分? う~んと…3?」

父:「そうだね。ところで、2と4の真ん中の数は何?」

私:「3でしょ?…あれ?」

父:「面白いだろ? 足して半分にすると、いつも真ん中の数になるんだよ」

2022年12月12日付け朝日新聞 知は力なり 慶応大学教授(物理学)松浦壮 以下同じ

色々な数で試してみて、全てお父様の言う通りになったことに

松浦さんは大興奮だったそうです。

才能っていろいろあると思うけど

その感性が、まず、才能かな~、と思います。

お父様の声掛けがまた素晴らしいなと思いますし。

 

我がコドモが

「『100点と0点の真ん中が平均点になる!』

と気づいて嬉しい」と感じているなら

その感性は大事にしてほしいな、と思ったのでした。

 

記事にはこのようにも書かれていました。

「研究者たれ」

 おそらく、この一言に尽きるのでしょう。学問としての新規性は必須ではありません。世界中の人がわかったと言っていることでも構いません。自分にとってわからないことに、自分が納得するまで向き合うプロセスこそが研究です。この取り組みは、わかっていない自分自身を楽しむということでもあります。なんとも豊かなことです。

未知のことを研究しなきゃいけないってなると

一気にハードル高くなるけど、

世界中の人が既知のことでもいい、

自分が興味のあることを研究すればOKなんだよ

って言われたら、ちょっと勇気づけらます。

でも、いろいろ忙しいし、

興味もそこまで続かなかったりで、

何でも究めるってことは難しいですけど。^^