好きに暮らす-now or never-

短時間パートママが小3男子の子育て中。好きに書いてます。^^

味覚にそんなに自信がないという話

ワタシは味覚にそんなに自信あるほうじゃないので
ちょっと何か言われると簡単に凹んでしまいます。
軽くコンプレックスなのかも?

 

自分なりには美味しいと思ったり

美味しくないと思ったりすることは勿論あります。

が、

同時に食べて、食べ比べることは多少できたとしても

間隔をおいて食べたものの微妙な違いは食べ比べられない

と感じています。違いが大きければそりゃわかるけど。

 

親戚の集まりでお刺身が出た時に

「お酒は何を飲む?」

という話になったことがありました。

ワタシは元々赤ワインが好きだし

前日ワタシが開栓したものが残ってたし

(その集まりではほぼワタシしか赤ワインを飲む人がいない)

ということもあってあまり深く考えず「赤ワインで」

と言いました。

そうしたら

「え? お魚に赤ワインは合わないんじゃ?」

というリアクションがちょっとあって

ワタシは軽く凹んでしまいました。

自分でそれを翻訳すると

「味がわからない人と思われたんだったら恥ずかしい」

ってことだと思います。実際、そこまで味考えてないってことなんですが(苦笑)

 

オットが

「大丈夫。そういうの、サツキ、わかんないから」

と笑って返してくれて助かりました。

(その言い方もどうなのよ? って感じはありますけど。^^)

こういう風にサラッと返せるようになりたいのですけどね。

なかなかワタシには難しいです。見栄っぱりなところがあるからですね、きっと。

 

正直、料理とお酒との飲み合わせって、

いつもそんなに考えてなかったです。

お酒単体で飲んだ時に、

大雑把に言ってビールと赤ワインが

ワタシは、味が一番美味しく感じて、

一般的に味の濃いものはお酒が進むな~という程度で。

好きじゃない味のビールや赤ワインも勿論あるけど。

 

思わず、後で調べました。笑

赤ワインと魚料理はそんなに合わないのかって。

 

一概にそうも言えないみたいで。

まぁ、そうだよな、とワタシも、後出しですが感じます。

淡白な白身魚に濃い味タイプの赤ワインが合わないだろうことは

ワタシだってわかるし、

でも、赤ワインだって軽いのから重いのまでいろんな種類があるし

マグロの刺身にその時飲んでた赤ワインは

ワタシの中ではアリだなって感覚でした。

 

別のエピソードで。

ず~っと昔にお店でオットと

トンカツを食べたことがありました。(結婚前)

 

詳細は忘れましたが

ワタシはそのトンカツを食べて

「美味しい!」と言ったんです。

「美味しい」と言うからには

決して不味くはなかったんだと思うけど、

本当にものすごく美味しいと思って言ったのか

あるいは、場を和ませる為に?「美味しい!」って言わなきゃ!

って考えてオーバー気味で言っちゃったか

今となっては覚えていないのですが。

そんな感じだったってことは、

そこまでオットと仲良くなってない頃ですね、きっと。

 

そうしたら、オットが

「美味いトンカツ食べたことないんじゃない?」

と返してきまして。

その時、すっごくバツが悪いと言うか、

恥ずかしかった記憶があります。

オットはもう覚えていないかも、と言うか多分覚えてないと思うけど。

迂闊に「美味しい」と言うのって

恥をかくことがあるんだって、その時学んだ気もします。

美味しいならそれでいいんじゃないかって話でもあるけど。

 

味覚って難しいな、と思います。

 

「これ、すっごく美味しいよ」と言われて

「ほんとだ。すっごい美味しい」ってなれば

リアクションしやすいけど

「まぁ、普通かな」って思うこともあるし

「え~、イマイチじゃない」って思うこともあるし

相手と関係性ができてれば、正直に返せるけど

そうでもない時は

ちょっとリアクションに困っちゃう時もあったりして。

 

いずれにしても

さわやか〜にリアクションできる人になりたいな~。

というのと、

ワタシは、味覚が鋭くないのだろうけど

鋭くないなら、ないなりに

もう少し分析的に?

と言うとまたちょっと違うか? 味わって

お酒や料理をいただくようにしてみてもよいのかもしれない、

なんて思った出来事だったのでした。