好きに暮らす -now or never-

短時間パートママが8歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【hibi hibi】心癒される動画と『自分がよろこぶ暮らしかた』と

ひょんなことから(きっかけは既に思い出せない)
心癒される動画を見つけました。

 

新型コロナの感染拡大にともなって

しばらく我が実家へは帰省できていません。(北陸の田舎)

 

そんな中、

石川在住のasakoさんのYouTube 『hibi hibi』に映し出される、

北陸の風景にはたまらないものがあります。

 

加えて、少し古びた(築27年だそう)、

でも、丁寧に整えられた、眺めのよいマンションで

季節を感じ、

おいしい料理を作り、晩酌をする・・・。

白猫2匹登場して、猫好きさんにもたまらないかも?

 

現時点での最新 vlog はコチラです。

実際に暮らすとなると大変でもある雪の風景も

遠巻きに思い出すだけだと本当に懐かしいです。

現居住地は雪は殆ど降りません。楽は楽です。^^

 

北陸の、あの、湿った空気感(肌にはよいと思われる)

雪が降り出すと、ほんとに無音な世界になる感じ、

晴れた時には、木々に付いた雪解けの水滴が

キラキラ光って見えたり・・・、

遠くに見える連峰・・・、

ぱぁーっと蘇ります。(←年か?^^)

そういうの、ワタシの原風景の一部で、

オットともコドモとも共有できないんだろうなと思うと、

ちょっと残念な感じもあるけれど、致し方なし。。。

旅に出ればまた違うかな???

 

本も出されていて、読みました。

個人的に付箋を貼ったようなところ。

 色々と考えた結果、自然と行き着いたのが、「あれ、昼食って別に食べなくても良かったのかも」と昼食パスを思いついたのでした。

hibi hibi 自分がよろこぶ暮らしかた asako著 大和書房刊 以下同じ 

ワタシの場合、ここ数年、仕事の為、

昼食時間がだいぶ遅めの時間になっていました。

そして、晩ご飯時にはお腹があまり空いていません。

でも、コドモの晩御飯は作らなきゃならない。。。

自分がお腹空き気味じゃないと、なかなか作る気にならないというね・・・。

あそっか、お昼ナシ、または相当軽めにすればいいんだ!

年取ると、ほんと、量食べられなくなるのでね~。

と今更ながら。^^

 

 家事で一番好きなところは、工夫しようと思ったら自由にしていいってことです。しかも自分の性格や暮らしに合わせて、つまりさぼったっていいし真面目にやったっていいし、自分自身に委ねられているのがいい。どんな小さなことでも、自分で考えた、もしくは誰かの真似をしてみたことで、家事がスムーズに負担なく出来るようになることが私にとっては快感。

誰にも指示されず(お腹空いた~とかの催促はありますが)

ほぼ全てを自分の裁量でやれるのが家事のいいところで、

工夫したことで何かしらうまくいったら、それもまた嬉しい! と

ワタシも思っていたので、

お! 同じだ! なんて嬉しくなってしまいました。^^

 

暮らし系? の本や動画、あまり知らないので

比較できないのですが、

押しつけがましくない、

煽る感じがない、

過剰に提案してこないところが

ワタシにはよかったです。

 

Asako さんは好きに暮らしてらっしゃるし、

ワタシも、ワタシの好きなように暮らしていいんだし

(ブログタイトルやん!)

そんな暮らしは心を満たしていくんだなーと

思わせてくれた asako さんの動画や本でした。