好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが6歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

何で小学校行かないといけないの?

「マイクラ大好き」「家大好き」な小1コドモ。

 

現在、割と安定して小学校へ登校していますが、

それでもたまに出てくる

「何で小学校に行かないといけないの?」との疑問。

 

何かワタシから答えようと思ったら、

コドモ自身が自分で速攻で

「いろいろ習うから」

と答えていました。^^

「何だ、わかってるやん!」←ワタシの心の声。

 

「何で小学校行かないといけないの?」

「ボク、漢字以外ならもう読める

(からもう行かなくていいんじゃない?)」

「漢字、い~っぱいあるからね~」←これはワタシが言ったセリフ。

「漢字がいちばん多いんだよね?」真顔でコドモが言ってた。^^

 

「何で小学校行かないといけないの?」

「勉強するため」

「勉強なら家でもできるよ」

この3つは全部コドモのセリフ。

自問自答してるのが面白いやら、

一生懸命考えてるな~と頼もしく感じるやら。^^

 

「勉強は家でもできる」でコドモの自問自答が止まったので、

「勉強自体は家でもできるけど、

同世代の人や先生、年下、年上の人なんかと

一緒にいろいろやったりすることは

お家ではできないからね」

と言っときましたが。

 

ある意味、勉強することへの疑問はまだ感じていない?^^

 

「何学校まで行ったら大人?」という質問も・・・。

 

ワタシ自身は「何で学校行かなきゃいけないの?」

と思った記憶はあまりないのですが、

「何の為に勉強するのか?」的なことは

考えたことがあります。

 

覚えている限りでは、

中学生くらいのワタシが出していた、一応の結論は

「自分の選択肢を拡げる為」でした。

自分で考えたか、どこかから聞いてきたか、

今となっては定かではありません。

 

それから時は流れ、ある日、唐突に、

「何の為に勉強するか、とかじゃなくて、

勉強っていうのは生きることそのものなんだな~」

みたいなことをしみじみと感じたことがありました。

ワタシはその考え、感じがものすごく気に入って、

そのまま現在に至っています。

 

誰かに教わったわけじゃなくて、

自分の中から出てきた

(生涯勉強! とか、一生勉強! みたいな言い回しもありますし、

実際はありふれた考えかもしれませんが、

でも、自分の中から出てきたように感じているのです)、

ワタシの、とても大切な考えです。

 

その考えが浮かんだ頃には

ワタシは、多分30歳を過ぎていて・・・。

 

コドモはもっと早くに何かを思うかもしれないし、

別に早くなくてもいいし。

自分で考えて感じて自分なりの答えを

いつか何かしら見い出して欲しいなと思っています。

 

あるある? ですか? そんなことない?^^

ポッケに入れて使い切る前にグシャグシャになるティッシュと

歯形だらけの鉛筆。

f:id:itsnowornever:20200918145144j:plain