好きに暮らす -now or never-

50歳にして6歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

【ウェットシートケース】【山崎実業】tower vs【無印良品】

トイレ掃除用ウェットシートケースを2種類購入しました。

 

1種類目で満足のいく買い物ができていればOKだったのですが、

満足いかず、2種類、購入することになってしまいました。

 

目的は、トイレ掃除用ウェットシートのこちらの箱を、

見た感じ、もうちょい、いいものにしたい、です。 

f:id:itsnowornever:20200313104347j:plain

↑ これ、さすが、専用商品なだけあって、機能的には、なかなか優れてるんだな、と、
他の製品を購入してみて、思いました。

 

無印良品編 

まず購入したのは、無印良品ポリプロピレンウェットシートケース。

重さ247g位。

f:id:itsnowornever:20200311133559j:plain

 

クチコミで「ウェットシートが乾いてしまう」というのを読み、

(問題ない、というクチコミもありました)

「う~ん。でも、商品名、ウェットシートケースよ?

それで、ダメなの?」と、半ば実験的に購入しました。

結果は、う~ん、ダメでした。

我が家の使用頻度(=保存期間)では、ウェットシートが乾いてしまいました。

たまたま、不良品なのか? 好意的に解釈すれば、

もっと、シートの使用頻度が高く、保存期間が短い場合のみに、

機能するウェットシートケースなのかもしれません?

 

せっかくなので、今は、とりあえず、ポケットティッシュを入れています。

口コミでは、マスクを入れている、

なんてアイディアが多かったように思います。

 

山崎実業編 

しばし、時は流れ、

生活クラブのカタログに、山崎実業 tower シリーズの

ウェットシートケースがたまたま掲載されていました。

tower シリーズなら間違いないかな? と思い、買ってみました。

(失敗したな~と思うものも、これまでに1つあるんですが、
 また記事にできたら、してみます)

 

フタをしたところ。素材がスチールな為もあり、重さ617g位。

表面は、粉体塗装特有?のザラザラした感じです。

f:id:itsnowornever:20200311133611j:plain

 

フタは、完全にはずれてしまうタイプです。

ここは、無印良品みたいなタイプのほうがワタシとしては、よかったです。

f:id:itsnowornever:20200311133627j:plain

 

フタにシリコン製のパッキン的なものがついています。

それで、乾燥を防げるのだと思います。

中のウェットシートは乾くことなく保存できました。

f:id:itsnowornever:20200311133725j:plain

 

本体を裏返しにしたところ。

4隅に、ゴムシールっぽいものが付いています。

(滑り止め? 置いた場所に傷をつけないように?)

f:id:itsnowornever:20200313114543j:plain

 

ちょっと重いので、形や持った時の手軽さは、

無印良品製品のほうが、ワタシはよかったのですが、

一番重要な、

ウェットシートをウェットな状態で保存する機能を果たすという点で、

山崎実業製品1択になりました。

 

取扱説明書。 

f:id:itsnowornever:20200313104323j:plain

 

他に、ブラックのもの、

本体は白でフタ部分が木(ナチュラルとブラウン)のものもあるようです。

 

我が家の場合、白いバケツの裏に置いているので、

普段は、見えないんですけどね。 

気分、気分!^^

f:id:itsnowornever:20190506101934j:plain