好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが6歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

考えかたの違いをめぐる夫婦の会話

コロナ禍に、しみじみとワタシが思ったこと。

 

「コドモが小1にまで成長していてよかった・・・」

 

我がコドモは熱性けいれん持ちです(でした?)。

熱性けいれんを1日2回起こして、てんかんを疑われたけど大丈夫だった - 好きに暮らす -now or never-

 

単純な熱性けいれんであれば、

小学生になれば起こさなくなるとされています。

 

もしも、小学生になっていなかったなら、

風邪症状を呈する度に、新型コロナを疑い、

同時に、熱性けいれんの心配もして 、

実際起こす可能性もあったり、と

なっていたはずなので精神的・実質的に大変だったろうなって。

(コドモが、ただの熱性けいれん持ちであったという

確証もまだまだないと言えばないのですけれど)

 

というようなことを

かなりの心情を込めてオットに話したら、

「あそう? そんなこと全然考えてなかった」

と、とても軽い感じで返ってきました。

 

「もう、ホントに何も考えてないんでしょ!

ココ、ほんとだったら

ものすごい共感(してもらいたい)ポイントで、

下手したらムッとくるところだからね。

よかったね、ワタシの心が広くて

(共感してくれないからと言ってムッとしなくて)」

 

と言ったら

 

「え? 『よかったね、オレの心が広くて』」

と笑いながら返ってきました。

 

↑ コレ!

我が家の場合は確かにそうで、

ワタシがある程度心が広くなってきた?^^ のは

(結婚前含めて)オットのおかげが大きい部分がある、

と自覚はしています。

でも、それだけワタシにも伸びしろ? が

あったってことですよ?^^

 

↑ 2人して親バカならぬ、自分バカでスミマセン!^^

 

オットがよく言うのは 

考えかた違うからいいんじゃん!

いろんなことに対応できる

 

ごもっとも!^^

(違い過ぎるのも大変、と思いますが)

 

こんな記事も。

自転車が自分に向かってきたらどうする? - 好きに暮らす -now or never-