好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが6歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

息子は慎重派!?

曇り空の朝。

 

「一応、傘持ってく!」

 

小1コドモから言い出します。

 

ワタシのイメージの母・息子像(偏見です!)は、

例えば、結構雨が降りそうな朝に

「雨降りそうだから、傘持ってったら?」

「大丈夫だよ」

「持ってったほうがいいと思うけど~」

「イラナイイラナイ」

で、持っていかずに

帰りは案の定雨になって濡れて帰ってくる・・・

でも毎回全然懲りない、みたいな感じだったのですが(笑)

 

なかなかに慎重派だな、と感じています。

(オットも同意見^^)

 

 オット曰く

 「俺なら持っていかない」

 一方のワタシ

 「ワタシは持っていくよ」^^

 

コドモは小さい頃から割と慎重なほうで、

遊具なんかも絶対大丈夫と確信が持てたら

ようやく遊び出す、みたいな感じでした。^^

 

男の子だし(ハイ、偏見です!)

もう少し向こう見ず(ワイルド?)な面が

あってもよいんだけど、

という気持ちもありつつ、 

でも、慎重であることは長所でもあるので、

そういうタイプなんだろうな、

と思いながら見守ってきたつもりです。

 

「慎重派だね」と言葉でレッテルを貼って、

それで縛ってしまうようなこともしたくないので、

心の中だけで思ってきました。

 

 面白いのが、母が

 「今日は降らなさそう」と言うだけでは納得しなくて

 新聞の天気予報欄を見て初めて納得するところです。

 より客観的な情報から判断しているようで、

 それは頼もしいことと捉えています。^^

 

鼻と口の間のかなり目立つところに

直径1㎝程のカサブタを作ってしまい、

気にかかるようで、

何度も何度も鏡で確認していたり。

(ワタシの中では女の子っぽい行為と感じました。ハイ偏見^^)

 

性差、ないようであるようで。

あるようでないようで。

個人差が大きい部分もあるな~と改めて。

 

コドモが現在夢中になっている漫画「鬼滅の刃」に 

男なら○○せよ!」的な発言をするキャラが出てきます。

 

「修行してて『男なら頑張れ!』みたいな

セリフあったと思うんだけど、何だったっけ?」

とコドモに聞くと、スラスラ

「錆兎(さびと)が言ってた」と答えました。

 

コドモがそのセリフをどう受け取ったのか

よくわかりませんが、

何かしら心には残っているのでしょう。

 

これからもコドモは

社会から様々なメッセージを受け取っていくと思います。

コドモを箱入り息子にするつもりはないので

あんまりフィルターかけていこうとも思っていません。

 「鬼滅の刃」も綺麗な画も多いけど、

 結構グロテスクな部分もありますしね~。

 

コドモが性差をどう捉えていくようになるのか

まだわかりません。

(ワタシなりの結輪も出ていない・・・)

 

でも少なくとも

「男の子なんだから我慢しなさい」

「男の子なんだから頑張れ」

「男の子なんだから泣くな」etc.

ワタシはコドモに言わないゾ! と思います。

レッテルも貼りたくないし、

肯定的に見守っていきたいゾ! と思っています。