NOW OR NEVER

50目前にして6歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

【こども園年長児】コドモのツンデレに振り回される

ツンデレの使い方合ってますか?

 

とある日、サッカーを終えて帰宅したコドモ(5歳)は、

足全体がグラウンドの砂で白っぽくなっていました。

一部、すり傷も。

 

真っ先に動画を見たがるので、準備します。

シャワーは無理でも、

動画を見ながらでもよいので、

せめて、足を濡れたタオルで拭いてから、

ズボンをはき替えさせたいと思って声をかけます。

「足、砂がついてるから、ホントはシャワーがいいと思うけど、

それが嫌なら、せめて、タオルで拭こうよ」

「やだ!」

ワタシが拭けないように、正座をくずしません。

 

「何か食べたい」

おやつ持ってきました。

「じゃ、おやつ食べてからでいいから、足拭こうね」

「じゃ、食べない」

 

キレました。←ワタシ

(いつもは、それなりに根気強くつきあうようにしていて、

その分も合わせてキレた、と思います。最悪パターン?かな?)

「なら、食べなくていい!」

おやつを取り上げました。

コドモ、怒って、お皿やマウスを床に投げつけました。

 お皿は木製だったので、割れはしませんでしたが

(いちおう、割れない木だと思って投げたのかどうか、そこは不明)。

 

もう手がつけられないと思って、

「物を投げるのはやめて。落ち着くまで、お母さん、2階にいるから」

と言って、2階にいました。

コドモは1階のリビング。

 

しばらくして、コドモが何事もなかったかのように2階に上がってきました。

「ママがいないから、床におしっこした」

ズボンを見ると、濡れていなかったので、まずは、冗談だろうと思いました。

「足に砂がついてるから、拭いてほしいんだよ。ね、拭こうね」

とかナントカ説明しつつ、リビングに行くと、

ホントに床にしてました。あぁあ”~。

 

例えば、弟ができた兄が、赤ちゃん返りをして、

わざとズボンのままシャーッとしちゃう、とか聞いたことありましたが、

でも、ショックでした。

 

一連の出来事に、しばらく笑えませんでした。

そうすると、コドモが

ママ笑って!」と言います。

「お母さん、まだ怒ってるし、悲しい。だから、すぐには笑えない」

ホントに笑えませんでした。

 

こういう時、一般的にはどうなのかちょっとわかりませんが、

我がコドモは切り替えが早いです。

すぐ何事もなかったかのように接してきます。

 

でも、多少は感じるところあったのか、

その後、いつもよりは、

ワタシの言うことをすんなり聞いてくれたような気がします。

歯みがきをする時のすんなり具合とか、そんな、普通のことですが。

 

子供によっては、

家に帰ったら、まず、うがい手洗いをして、

服を着替えて、遊ぶ、ということもできるんだろうな、と思う時もありますが、

とてもとても、できません。

(コドモが)できるように、(ワタシが)できません。

 

その夜・・・、

 

 

 

ママ、大好きだよ

ず~っと、ママといっしょがいい

ママ、呼んだだけ

 

何なんだよ~、この、ツンデレは~。

 

「子育てで、感情的になるのはよくない」って聞きますが、

お母さんにだって、感情はあるのだから、たまには仕方ないよ。

コドモよ。

お母さんにも感情があるって、学んでくれ。