好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが6歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

STAYとかHOMEとかGOとか犬みたいって?

朝日新聞からです。

 

原文は

7月19日<STAYとかHOMEとかGO TOとか わたしたち犬みたいだよね>川口晴美。

2020年9月25日付け朝日新聞 天声人語より

 

コロナ禍、詩人23人が輪番でつづるサイト

「空気の日記」の中の、

川口晴美さんの詩の一節とのことでした。

 

サイトを見てみると、このフレーズから始まり、

さらに詩のような? 日記のような? 言葉が続いていきます。

(ご興味持たれたかたがいらっしゃったら、

のぞいてみてください^^)

 

作者の思うところとは違うところの受け取りかたを

ワタシはしてしまったのですが、

 

ワタシは、

昨今(というか、生まれてからずっと、ですね^^)の

短いキャッチコピーのような? 単語のような? を

受け取る自分のことをイメージしてしまいました。

 

「シンプルライフ」「ミニマリスト」

「丁寧な暮らし」「しない家事」

「サステイナブル」「心地よい暮らし」etc. etc.

そういった例えばライフスタイルにつけられるような

短いキャッチコピー。

以前だと

「大人の女は〇〇」とか「ワンランク上の△△」」というのとかも。

 

ワタシ、もしかして、犬みたい? って。

(犬の存在を悪く言ってるわけじゃないですよ^^)

 

そんな感じで、作者の意図とは違う方向で

突き刺さってしまいました。。。

 

おわり。