好きに暮らす -now or never-

短時間パートママが8歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【小3】『ちいちゃんのかげおくり』音読で泣く

小3コドモ、毎日、音読の宿題があります。

 

浮かない顔で

「今日の音読、暗い話なんだよなー。

 やだなー」

 

元々、そんなに音読熱心な子ではないので^^

「そーかい、そーかい」

と適宜聞き流していました。

 

が、いざ音読を聞き始めると、

「あー、確かに」な内容。

 

   ・

   ・

   ・

 

一通り音読し終わった時点で

コドモは涙目に。

 

間もなく

 

「うわぁーん」と泣き出しました。

 

小さな女の子が主人公の、戦時の話でした。

 

父親が出征する前日、家族4人で遊んだ。

時が経っての、空襲の夜。

翌日、翌々日、

そのまた次の日・・・。

最後、離れ離れになった家族4人は・・・、

という展開のお話でした。

 

全体に悲しい話で、

その中でも

「どの場面が悲しかったの?」とちょっと聞いてみたかったけれど、

それも憚られるような泣きっぷりで

「そうだねぇ。悲しいお話だったね。

 でも、ママいるから大丈夫大丈夫」

というのが精一杯でした。

 

2~3日して、コドモのほうからその話を振ってきたので、

聞いてみました。

「どこらへんが一番泣く感じだったの?」

 

   ・

   ・

   ・

 

迷子になるところ

空襲の夜、女の子は母や兄と一緒に逃げたけれども、

やがてはぐれて一人ぼっちになってしまった、

というところのようでした。

 

『もし、空襲の中であればなおのこと

 そうでなくても、現在の日常生活の中であっても

 フッと迷子になったら

 きっとこの子(コドモ)も泣いちゃうってことなんだろうなー』

と改めてワタシが思ったということと、

一応

『ふむ。文章から場面を想像して、感情移入して読んでるのか』

という風にも思いました。^^

 

あまんきみこさん作『ちいちゃんのかげおくり』というお話です。

自分が小学生の頃に習った記憶はなく、今回初めて知りました。

あまんきみこさんと言えば、ワタシは『白いぼうし』が印象に残っています。