NOW OR NEVER

50目前にして6歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

【就学時健診】側わん症の疑いと診断されたけど大丈夫だった

就学時健診で、コドモ6歳が脊柱(せきちゅう)側わん症の疑いと診断されました。

 

聞いたことのない病名だったので、

ちょっと怖く、調べてみると、

背骨が左右に曲がっている状態を脊柱側わん症というそうです。

原因がわからない場合も多く、

学童期側わん症というのになると、4~9歳位で発症し、

進行することも多いと書いてありました。

経過観察で済む場合から手術まで様々なケースがあるようです。

 

でも、「就学時健診はあくまでも、

異常の疑いを見つけるだけで、診断の確定ではないので、

改めて医療機関を受診するように」と

小学校から頂いたプリントに書いてありました。

 

「疑いだけなんじゃないかな?」

「どうか誤診でありますように」との、気持ちから、

「就学時健診 側わん症 誤診」などをキーワードに検索しましたが、

誤診が多い、とか、そういった情報は出て来ず、

しばらく、ちょっと気がかりな日々を送っていました。

 早く、病院に行けばよかっただけの話なのですが、

 ワタシも、そこまでの緊急性を感じておらず、

 なかなかタイミングが合いませんでした。

 

整形外科を受診した結果から言うと、

「心配ない。この時期はまだ体がやわらかいから、

ちょっとまがって見えたりするけど、

筋肉がついてくれば大丈夫。

現状としては問題なし」とのことでした。

 

上半身裸で、前屈した時の背中の状態を見たり、

気を付けの姿勢をとったりしただけの診断で、

何だか拍子抜けしましたが、

ひとまず安心しました。

 

なので、もし、就学時健診で、

側わん症の疑いと書かれても、

心配ない場合もありますよ~、と言いたかったよという話でした。

勿論、整形外科で診断してもらって下さい、な話ですが。

 

とにかく、病気と言われると、うろたえます・・・。

 

コドモ、虹をつかまえる・・・。(サンキャッチャーの光です)

f:id:itsnowornever:20191201065540j:plain