NOW OR NEVER

50歳にして6歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

【もうすぐ小学生】これから、こんな風に子育てしたい

もうすぐ、コドモが小学生になります。

 

学童期突入、ということで、

現状で、ワタシはこんな風に子育てしたいな~、というのを書きます。

 

ちょうど、新聞にこんな記事が載っていました。

母に言われたことがあります。「お前には心はかけたけれど、手はかけなかった」と。名言でしょ。手をかけて欲しかったけれどね。僕が虫ばかり捕っていても、母は虫に関心を持つこともない。反対に勉強しろとも言わない。だから僕は、存分に虫を捕れた。

2020年3月8日付朝日新聞 かあさんのせなか より 解剖学者 養老孟司さん(聞き手・宮坂麻子)

 

心はかけたけれど、手はかけなかった。

 

「手をかけて欲しかった」ともあるので、

理想的には、(コドモが)手をかけて欲しい時には、かけてあげて、

手をかけて欲しくない時には、かけないというのがいいかなぁ~。

心はもちろんずっとかけたままで。

(この場合だと、ワタシだったら、多少、虫に関心を持つ位はしたいかな。

でも、ものすごく関心を持つのは、やっぱり無理だろうな。

そこは正直にいくしかないな)

 

これから、手をかけて欲しくないというのが、

どんどん増えてくると思うので、

その気持ちに添って、そのようにしたいと思っています。

 

同じ記事の中に、こんな記述も。

 

今になって思うことは、母親は忙しい方がいい。大人の女性が幼い子どもに真正面から向かったら、子どもは押しつぶされます。子どもは自然そのものです。うるさいのも走り回るのも自然。母が園医をしていた保育園の理事を僕も務め、老朽化で移転先を探したら子どもはうるさいと断られた。子どもは自然なだけなのに。これも母から学んだことかな。

2020年3月8日付朝日新聞 かあさんのせなか より 解剖学者 養老孟司さん(聞き手・宮坂麻子)

忙しい方がいい、というのは、

忙しくなく、子どものそばにい過ぎると、

母親は、思わず、あれこれ干渉したくなってしまう。

それこそ、「うるさい!」とか「走るな!」とか・・・。

 

忙しいと、忙しさ故に、

子どもにあれこれ言い過ぎたり、

干渉したりしなくて済み、子どもを押しつぶさなくて済むので、

忙しい方がいいという感じに捉えました。

(だから、文字通りの、忙しい方がいい、という意味で捉えなくてもよいかと)

 

子どもの性質にもよるので、元々静かなのが自然な子もいるかな、

と思いますが、一般的に、子どもはうるさいのが自然。走り回るのも自然。

無駄に動き回る、無駄に騒いでいる我がコドモを見ると、

とても納得します。

 

そういえば、子どもが肩こりになりいくい理由は、

「無駄に動いているから」とTV番組でやってました。

本当かどうかよくわからないけど、確かに、無駄に動いてる・・・。^^

f:id:itsnowornever:20200305141210j:plain