好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが6歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【鬼滅の刃】子どもに観せる?観せない?

結論から言うと、我が家は小1コドモ含めて家族全員で観ました。

 

一番最後のほうに、

ちょっとだけ劇症版「鬼滅の刃」

無限列車編のネタバレっぽいところが

ありますので、観てないかたは要注意です。

 

我が家はコミックス数巻と最近TVで放映された分と

映画になった分を観ています。

 

オットは全く気にしてなかったそうですが、

ワタシは

「かなり残酷なシーンが出てくるし、

果たして小学校1年生のコドモに観せてもよいものか」

と少し気になっていました。

 

コミックスで読んでいる限りではまだいいですが、

アニメーションになってくると、

う~ん、なかなかの残酷シーンに仕上がってるな、

と思いました。

 

最初にTVで観た時にコドモに聞きました。

「結構怖いシーンとか出てきたけど大丈夫?」

 

本物じゃないから大丈夫だよ」

 

そうか。そう思って観てるなら大丈夫かな、と思って

以後、コドモの望むままに観せて、

ワタシやオットも楽しんでいます。

 

 コワさで言ったら、

 映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』も結構怖いシーンあるなぁ、

 と思っていたワタシだったのでした。

【子供とお出かけ】ミュウツーの逆襲EVOLUTIONの感想 - 好きに暮らす -now or never-

 

映画を観終わった後に、いくつか

「『鬼滅の刃』を子どもに見せることの是非」的な内容の

ものを見かけました。

心理関係の専門家さんの話だったりして、

ワタシが見たものは『OK』と書いてあったものが多かったです。

一方、子どもの年齢にもよりますが

「観せない」という親御さんの意見もチラホラ。

 

結局のところ、ワタシが一番信頼したのは、コドモの

「本物じゃないから大丈夫」という言葉だったのですが。^^

 

何が正解かはわからないし、

もしかしたら危険な場合もあるのかもしれないけど、

子どもの感性をこそ信じるみたいな感じをワタシは持っていて。

 

子どもが好むのには何らかの理由があるし、

直感的に本質的なものを掴みとる能力は

むしろ大人よりもあるような気もしています。

 

まぁ、 

黒川伊保子(脳科学者)さんの

あなたの子は、あなたの感性が生み出した子だ。

あなたの感性で育ててあげれば間違いがない。

『母脳』黒川伊保子 ポプラ社刊より

を信じて、観せる方向にしました。

 

とは言え、人によっては、子どもによっては

刺激が強過ぎる、という場合はありそうだ、とも思いました。

繊細な人、繊細な子どもにはキツイ場面があるかも。

感受性もほんとに人によって違うようなので。 

 

「全く何も考えていなかった」オット。

「多少気になった」ワタシ。

「観せない」という親御さん。

普通に「観せる」親御さん。

どれがよい悪いではなく、

多分、同じ刺激に触れたとしても、

受け取る深さみたいなものが全然違うのだろうな、

と思いました。

 

コドモはいつものごとくシンプルに

「猗窩座(あかざ)がかっこよかった」 と言ってました。

鬼側ですが。その感想もまたアリと思います! ^^

 

キャラもたくさんいて、いろいろな見方ができて

ただの勧善懲悪じゃなく、大人も楽しめました。^^

 

鬼滅の刃キャラ 胡蝶しのぶ。マイクラ作品。コドモ作。

f:id:itsnowornever:20201116171615j:plain

イラスト画像をドット絵に変換したものを見ながら作っています。

なので、かなりリアル。

頑張ったな~!^^

 

ここからちょっとネタバレ的かも。

ワタシの超個人的な感想。^^

 

オットは

「(我妻)善逸くんがあんまり活躍してなかったのが残念だ」

なんて言ってましたが、

ワタシは、結構情けない感じに描かれている? 善逸くんが

好きな女の子の為にだけ

ものすごいパワーを発揮できてしまうっていうのが

よかったです。

そりゃ、スーパーヒーローもすごいんだけど、

 

全然スーパーじゃない人がある一瞬だけ見せる

光みたいなもの・・・。心惹かれました。^^