好きに暮らす -now or never-

50歳にして6歳の子育て真っ最中、兼業主婦の雑記ブログです。

日曜日、オットを好きなだけ寝かせてみたら・・・

平日、土曜はワタシのワンオペ育児状態の中、
日曜も、オットを好きなだけ寝かせることに決めて、
自分がどう感じるか実験してみていました。(詳しくはこちらの記事

 

コドモのママイス要求が減ってきた 

同時進行で、

途中、コドモとワタシのインフルエンザ感染などを経て、

ここ最近、コドモ自身がずいぶん成長してきて、

対応がだいぶ楽になってきたせいがあり、

ちゃんとした対照実験にはならなかった印象なのですが、

結果オーライです。イライラ、減りました。

 

本当は、ワタシが子育てが大変と感じるままの状態で、

日曜の休日に、日頃睡眠時間の足りていないオットを

①ワタシがイライラしながら起こそうとする状態と

②好きなだけ寝かせたままにしておく状態

の2つで比較したかったんですけども。笑

なので、あまりいい?実験結果は

得られなかったかも?です。^^

 

コドモとの関係で、最近まで残っていた、実は大きなストレスが

コドモが長時間ママイス(ワタシの膝の上に座ること)状態なこと

だったのですが、

ここのところ、まだまだ座ってはくるけれども、

心なしか、その時間、

又は、ワタシの体に預けてくる体重が少なくなってきた感じがあります。

(微妙な表現だ~)

 

ワタシの片足にだけ座る、とか、

足の先っちょだけ、ワタシの膝に触れさせている、とか、

「そうまでして、お母さんに触れていたいんか~」と

思わずツッコミを入れたくなるような姿勢で、

動画を観ていたりします。^^

 

コドモが1人で遊んでいる間に、

PCもいじれるし、本も読めるし、新聞も読めるし、

料理もできるし、他の家事等もだいぶできるようになりました。

 

コドモが遊んでいる間に、

肉じゃがなんか作ったりして・・・。

嬉し過ぎる・・・。^^ 

 

以前は、家事は、コドモの寝ている間にする、というのが鉄則でしたから。

 

コドモが人の機嫌や都合がわかるようになってきた 

録画していたTV番組をワタシが観ていた時のこと。

コドモがあれこれ話しかけてきました。

 

それがうるさくて、

「ちょっとお母さんTV観たいから、静かにしてくれる?」

というようなことを何度か言いましたが、

変わらず、話しかけてくるので

「ちょっと黙ってて!」と、少し強めに言ったら、

ようやく?

ママ怒ってる?」と確認するように聞いてきました。

 

「うん。静かにしてくれないから、怒ってる」 と返しました。

 

「おぉ~、怒ってるということに気づいた

(人の機嫌がわかるようになった)か」と

妙?なところに感心したのと、

逆に言うと、

それだけ、

ワタシが普段コドモに対して

怒ってないんだなぁ~、と気づいて、

ちょっと嬉しい感じがありました。

 

また別の場面。

 

コドモ「(家の中で)サッカーしよう!」

 

ワタシ、コーヒーを飲んでいました。

 

コドモ「コーヒー飲み終わったら、(サッカー)しよう!」

 

ワタシは何も言わなかったけれど、

コドモ自身がワタシの都合を考えて、

そう言ってくれたわけで、とても嬉しいです。

機嫌よく、サッカーできます。

  

オットの様子は 

オットは、

朝、好きなだけ寝かせても、お昼ご飯を食べたら、やっぱり寝て、

晩ご飯を食べても、やっぱり寝て。。。

食後は眠くなる。。。

 

好きなだけ寝かせようというのは、

ワタシとしては、朝、好きなだけ寝かせれば、

その後の昼寝や夕寝はなくなるかと思っていたので、

「あ、それでも寝るんだ。。。」という、感じはあるんですが。

ここは、苦笑するしかありませんでした。苦笑

 

ワタシ自身の寂しさは変わらず。でも感謝は増してきた。

平日夫婦で話す時間が殆どないので、

「話す時間がないから寂しいんだよ~」と言いつつ、

ここぞとばかりに休日の起きている時間にいろいろと話しますが、

それは相変わらずです。

ワタシが寂しさに強くなるしかない、かな。今は。

 

もう1つ、日々のストレスが少なくなってくると、

自然と、オットへの素直な感謝の気持ちも増してきました。

この平穏な日々は、多く稼いでくれているオットのおかげだな~と。

後、長時間勤務させて、ごめんね、とも。

 

後は、たまにはお出かけしたいが・・・ 

元々、コドモが嫌がるからちょっとした買い物に行きたくても行けない、

というのが、結構なストレスでしたが、

最近はコロナウィルス問題で、外出がちょっと怖い、

という部分があって、

そこは相変わらずストレスではありますが、

これは、どうこうできるものではありませんね。

割り切って、出かけちゃうか?

園の行事なんかも、どんどん中止や変更になってしまって。

 

インフルエンザのように、気温が高くなるにつれ収束していくとか、

あればいいのですが。 

 

全体的に、ほんと、

コドモがストレスの元凶のような書き方をしてしまっていて

ごめんね、って感じですが、

この幸せは、コドモあればこそ、なんだよ。

 

というわけで、コドモとオットが一緒に過ごす時間の確保という意味では、

何の解決にもなっていませんが、

ワタシのイライラは減りました、という話でした。

 

コドモ作。 

f:id:itsnowornever:20200223082420j:plain