好きに暮らす -now or never-

短時間パートママが8歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

帰省した! 実母との幾つかの話

帰省した日の実母エピソード。

 

 

3連休に4年ぶりに帰省しました。

帰省した! - 好きに暮らす -now or never-

実母は、80歳超え、田舎の一戸建て一人暮らしです。

 

コタツ板がない!

コタツを出していました。

何故かコタツ布団の上にあるはずのコタツ板? がなく、

コタツ布団だけが掛けてある状態でした。

 

到着した日、晩御飯を食べる頃になって

コタツで食べようか? という話になり、

「あ、じゃ、コタツ板ある? のせようよ」

と聞いたら

「コタツ布団の下にあるよ」

「へ?」

 

コタツ板を持ち上げる力がなかったんだってー。

暖かいうちはローテーブルとして使っていて

寒くなってきたので、いざコタツにしよう!

としたけれど、コタツ板が動かせない・・・

仕方なく、ローテーブル状態のコタツに

上からコタツ布団だけ掛けてコタツにしていた・・・。

兄貴といっしょにコタツを買ったそうなので

ローテーブルとしてのセッティングは兄がしたのだと思います。

 

あーそーかー、コタツ板って重いもん!

と思ったけれど、

持ってみると案外軽くて(最近のコタツはそうなのかも?)

これが持てないのか~、と切なくなる程の軽さでした。

 

キッコーマン醤油さしには

実家の、ありふれた、使い込まれた感じの醤油さし。

なかなかに薄汚くなっていて、液だれもするし

「新しいの買えば?」と、ずっと以前に言った覚えがあります。

その時の母の答えは

「でも、このデザイン気に入ってて。だから、これがいいの」

でした。

 

ナルホド、その醤油さしは

キッコーマンのしょうゆ卓上びんとして

1961年から市販されているもので

1993年にグッドデザイン賞受賞

2018年には立体商標登録されている、と後に知りました。

確かになかなかに味わい深いデザインだとワタシも思います。

 

今回帰省した際にも置いてあり、

既に醤油は入っておらず、ただそこに、とってあったようでした。

「もう汚れも取りきれないし『捨てようよ』って言われるけど

 〇〇(兄の名前)が小さい頃もテーブルの上にあって、

 サツキ(ワタシの名前)が小さい頃もあって・・・、

 って思うとなかなか捨てられないんだよねぇ」

 

リアルタイムで家族のいる風景を作ってきた、

まさにその”実物”だから捨てられない、と。

同じ商品は、現在も普通にスーパーに並んでいると思われます。

 

ちょっと鼻の奥、ツンときました。

無理に捨てなくてよいんじゃないかとワタシは思いました。

大事なんなら大事にとっておけばいいんじゃないかと。

そんな思い出深いものより他に

片付けるものならいっぱいあるでしょ! という感じ。^^

 

え? それ頼む?

帰省最終日、ワタシとコドモを駅まで見送りがてら

母も一緒に街へ出かけました。

 

喫茶店でも入るかということになり

コドモは「昔ながらのオムライス」

ワタシは「カフェオレ」を頼みました。

ワタシはまだそんなにお腹がすいてなかったので。

母のオーダーは

 

   ・

   ・

   ・

 

カツカレー!

 

母は普段は食事に気を遣っていて

薄味でカロリーも控えめにするようにしています。

そこへもってきて

 

カツカレーとな!

 

一瞬、唖然として「そんなの食べれるの?」と思いましたが

「あそぅ、元々は揚げ物とか好きだったよね?」

 

「そうだよ。

 もう、明日ミサイル撃ち込まれるかもしれないんだから

 食べたいもの食べる!」

と。(ちょっとシャレになってくれないと困るんだけど)

 

それ正解!

と思いました。(ずっとそうじゃ体に負担かかるけど、たまにはよいよね!)

 

ワタシとコドモは列車の出発時刻になってしまって

母が食べ終わる前に喫茶店を出ました。

 

後から聞いたら、美味しかったそうで。

全部食べて満腹になったそうな。

 

いつかきっと懐かしく思い出すと思います。

もう少し帰省する回数を増やそう! とも思ったのでした。