好きに暮らす -now or never-

短時間派遣ママが6歳男子の子育て中。好きに書いてます。^^

【2019年のクリスマス】生活クラブバージョン

クリスマス直前の日曜日が我が家のクリスマスでした。

 

 

食卓編 

2018年のクリスマスに

「2019年は少しは手作り料理にしたいな~」と思っていたワタシ。

少し、手作り要素を増やしました。

 と言っても、生活クラブさんにおんぶに抱っこです・・・。

 

ケーキ

 ケーキ台(スポンジ台)自然解凍するだけ:616円

 生クリーム:400円

 いちご:753円   小計1,769円

ピザ2種(1枚ずつ)焼くだけ:921円

カキのコキール(グラタン)4個 焼くだけ:921円

ジングルベルかまぼこ(サンタやツリーの絵がかいてある)切るだけ:581円

とりもも照り焼き2本 レンジ加熱するだけ:1,502円

シャンメリー1本:302円   小計:4,227円

合計:5,996円(全て税込金額)

いちご以外全て生活クラブで購入。

野菜のおかず、ビール、ワインは通常予算で計算。

3人で、ケーキは4分の3食べて、残りは翌日食べる。

料理は、ほぼ食べきった感じ。

 

2018年は、ケーキ2,500円(ケーキ屋さんのもの)、シャンメリー302円

イトーヨーカドーネットスーパーのオードブルセット3,000円以上(金額メモなし)

だったので、費用的には同じ位か。

 

2019年のよかった点

・ケーキ台、生クリーム、いちごを買って、

デコレーションはコドモと一緒にする、というスタイルは楽しめた。

・料理の味は2019年のほうが満足度が高い。 

 

2019年のイマイチだった点

・ケーキの味(特にスポンジ。少しパサパサしてた)は、

 やっぱりケーキ屋さんで買ったほうが美味しい!

・生クリームの泡立てが大変(ハンドミキサーなしです)。

 オットにも手伝ってもらって30分以上かかった。

 しかも、結局、泡立て過ぎになっちゃって、

 デコレーションも、ちょっとだけボソボソ。 

 なめらかに平らに塗るのも難しかった~。

 周囲は、塗り始めると収集つかなくなりそうで断念しました。

 う~ん、楽しかったケド、

 次回も泡立てするなら、ハンドミキサー欲しいかな?

 

 証拠写真。周囲はスポンジむき出しです。

f:id:itsnowornever:20191224150625j:plain

 ケーキを上手に作れる人はスゴイ!ですね。

 

 レモン汁や、ペクチン入りのジャムを入れると

 泡立ちやすいらしいので、次回実験するか?

 ・調理しながら、サーブしながら、になるので、ワタシがなかなか落ち着けない。

 でも、できなくはないという感じ。

 

 これらを踏まえて、2020年は、レアチーズケーキ

(ワタシが唯一、ほぼ失敗なく、まぁまぁな味に仕上げられるかな、

と思っているケーキ^^)にしてみようかな?

コドモはデコレーションするのは楽しかったみたい。

といっても、いちごのっけるだけだったけど。

 

プレゼント編

最終的には、

コドモは、チラッと「フォートナイトが欲しい」と言っていましたが、

調べたら、無料オンライン・バトルロイヤルゲーム

(課金要素も、やり込んでいくと、出てくるらしい)とのことで、

とりあえず却下にして^^、

サンタがコドモにあげたいもの、という視点で選びました。

 

24日の夜、クッキーとミルクティーを準備して、 

リビングを、多少片づけて寝ました。

 

「まえさ、おかあさん、おてがみかいてないのに、

サンタさんからプレゼントもらってたよね?」

と、コドモの念押しの言葉。

 

「うん、もらったよ~」

「じゃ、ボクも、(今年)もらえるかな。

ちゃんと、『これほしい』っておてがみかいてないけど」

「う~ん、どうかなぁ? わかんないね」

 

朝、

「ちゃんと、もらえてるじゃん!」と起きてきました。

 

コドモには

『とにかくさけんでにげるんだ 

 ベティー・ボガホールド作 安藤由紀訳 河原まり子絵 岩崎書店刊』

 サンタが、もうすぐ小学生になるコドモに読ませておきたいと思った絵本。

 犯罪から子供が自分自身で身を守るための内容の絵本。

 

オットには

『さぁ才能(自分)に目覚めよう 

 トム・ラス著 古屋博子訳 日本経済出版社刊』

 ワタシが「読んでみたい」と言ったら興味を示していたので。

 本についているアクセスコードを使って、自分の強みを診断できるという本。

 

ワタシには

『iwaki パックぼうる』

 冷蔵庫を買い替えて、透明保存容器が必須と感じて。

でした。

 

コドモには一度読んで聞かせて、神妙な顔つきで聞いていました。

「ボク(知らない人に話しかけられたらどうしたらいいか)知ってるよ」なんて

言って。

 

「もっとちがうのがよかった?」と聞いたら

「うん」って感じでした。

「でも、きっとサンタさんが、〇〇(コドモの名前)に

読んでほしいって思って選んだんだよ」なんて言いつつ。

 

しょうがないね、ちゃんとしたリクエストなかったも~ん。

リクエストあっても、望み通りにはいかない時もあるも~ん。笑

 

我が家のクリスマスポリシーは?

オットは「『うちはキリスト教じゃないから、サンタは来ない』でいいじゃん」

と言ってて(苦笑)、まぁ、それも一理ある、

とワタシは聞いてはいるのですが、

(夫婦とも、実家はサンタが来ない家でした)

でも、ワタシは、せっかく、コドモにファンタジーを信じる力があるなら、

しばらく乗っかってみておこう! という感じでいます。

 

我が家は、父、母にも、プレゼントが届く、という設定なのが、

ちょっと珍しい?かな?^^