NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

石巻市立大川小学校の報道に思うこと

東日本大震災の時、
宮城県の石巻市立大川小学校では津波で
児童ら84人が犠牲になりました。

  

その当時の様子を、

今朝の朝日新聞さんが記事にしていました。

 

「裏山に逃げた方がいい」。クラスの男の子が担任に掛け合った。

「今、話をしているから」。取り合わなかった。 ~中略~

教頭は川近くの小高い「三角地帯」へ向かうことを決断したが、

途中で津波に襲われ、84人が帰らぬ人となった。

2019年4月29日付朝日新聞より

 

現場に居合わせたわけではないので、

事情がどうであったのか、真実はわかりません。

すぐに、裏山に逃げたとして、

果たして助かったかどうかもわかりません。

 

「裏山に逃げたほうがいい」と先生に意見を言った男の子は、

そういう意見を持ちながらも、

先生の指示に従うことにして、

結果、亡くなった、という事実が残りました。

 

その子が、たとえ、一人でも裏山へ逃げていたなら

(先生に連れ戻されるのかな?)、

または、他の仲間を何人かでも引き連れて、逃げ出していたなら、

どうだったろう?と、思います。

 

当時6年生(卒業間近とはいえ)だったということなので、

難しいだろうな、と思いますが。

6年生のワタシが、そこに居合わせたとしても、

多分、先生に従っていると思います。

あるいは、大人のワタシが、そこに居合わせたとしても、

多分、教頭の判断(または全体の空気)に従っていると思います。

残念ながら。。。 

 

「先生の言うことをよく聞いて」

「一人だけ勝手なことをするのはダメだよ」

 

どちらも、集団生活をしていく上で、

大切な事ではあるけれど、

この先、 

 

大人の判断が全て正しいとは限らない。

 多数派の意見が全て正しいとも限らない

ということもコドモ(とワタシ自身にも)に伝えていこう、

と、思わせる報道でした。