NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

令和に思うこと

令和になりました。

 

知人の子供が、名前の一部に令の字を含んでいます。

元号が令和になった、と聞いて、

「令和になりましたね。「れい」が入ってるね。」と知人にメールを送ったら、

「(令の字を含む名付けをした)オレの発想がありきたり、

ということでなければ良いのだが。」

と返ってきました。

 

笑っちゃいました。

そう受け取るか?、と思って。

まぁ、冗談何割?って感じでしょうけど。

 

何となく好意的に受け取る人の方が多いのかな、

と思って、

そういうプラスなイメージで、

ワタシはメールを送ったのでしたが。

 

実際、ワタシのとっている新聞には、

割と好意的にとらえている各地の令和(読み方はいろいろでした)さんの

記事が掲載されていました。

 

さらに、毎年発表される、子供の名付けで人気の名前ランキングに

ランクインするような名前だと子供は嬉しいのか、

逆に、嫌なのか、

関係ないのか、というようなことも考えて、

ちょっとおもしろい感じがしました。

 

ちなみにワタシの本名は、

あまりないタイプの名前(漢字が、です。ひらがなで書くと、よくある名前です)で、

ワタシは、とても気に入っています。

親からもらったものの中でいちばん気に入ってる、と言ってもいい位、

気に入ってます。笑

 

我がコドモも、自分の名前を気に入ってくれたらいいけど、

どうですかね?

コドモの名前も、ランクインするような名前ではありません。

ドキドキです。

 

令和1年5月1日 鈴木令和

とかって書くと、ちょっとおもしろいです。

って、鈴木令和さんって実際にいらっしゃるかどうかわかりませんが、

人の名前でおもしろがってはいけませんね。

スミマセン。

 

もう一つ、思い出したことがありました。

令和とは万葉集から引用したとのことですが、

そういえば、我が亡き父が、

ワタシがまだ小中学生位の時に、

「「万葉集」「古今和歌集」「新古今和歌集」のうち、どれがいちばん好き?」

 と兄に問われて、

「万葉集」と答えていたことを思い出しました。

 

そんな父が詠んだ短歌の中で、

ワタシのお気に入りの二首を最後に書きます。

 

ためらわず真直ぐいけよと夏の日に縄跳び飽きずする子ら

子どもらに動くおもちゃとせがまれて馬の背になり足になり