NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

中耳炎に抗生剤は必ず必要?治療と経過

f:id:itsnowornever:20181208152910j:plain

コドモが中耳炎になった時に、
耳鼻科で抗生剤を処方されました。
①クラバモックス小児用配合ドライシロップ
というものです。

その他に、

②ビオフェルミンR散

 腸の働きを整える(抗生剤等の投与によって崩れる腸内細菌のバランスを整える)

③カルボシステインDS50%「タカタ」

 痰、中耳にたまった液、慢性副鼻腔炎でたまった膿を出しやすくする

④オノンドライシロップ 

 アレルギーによる、くしゃみ、鼻水などの症状をやわらげる

⑤タリピッド耳科用液0.3%

 中耳、外耳などの感染を治療する

 

の全5種類の薬が処方されました。

 

「クラバモックスを飲むと、便がゆるくなったり、

 下痢になったりしますので、

 整腸剤も合わせて飲んで下さい。

 便がゆるい程度なら気にせず飲んでいただいて、

 あまりに下痢がひどい場合には連絡下さい」

との説明を受けました。

 

ちょうど外泊の予定があり、

外泊先で下痢になるとちょっと困るな~と思ったワタシは、

 (こういったことをその場で医師に相談できればよいのですが、

 相談した結果、さらに『飲ませて下さい』と言われてしまうと

 飲まないわけにいかなくなりそうということが怖くて

 相談もできませんでした。

 単純に忙しそうで質問できないということも多々ありますし。)

 

セカンドオピニオン代わりにネット検索をしてみたのですが、

その中で、

ほとんどの中耳炎は抗生剤なしで治る。

 オランダではあまり抗生剤を使わない

という記事を見つけました。

 

ついでに、余談ですが、

子供のほとんどの病気は自然治癒する

 ただし、そうではない病気の場合もあるから、

 その見極めをする為に、小児科を利用しましょう」というような記事があり、

ワタシとしては非常に納得のいく考えだなと思いました。

 

もちろん抗生剤を内服させる方針の耳鼻科の記事もありましたが、

抗生剤は耐性菌問題もある(中途半端に使うと抗生剤より強い菌ができる)ので、

一度飲み始めたら、最後まで飲みきらないといけない

ということを聞いているので、

迂闊に飲ませるのも怖いなと思い、

オットとも相談して、

コドモ本人が割と元気だし、耳痛もないようだったので、

とりあえず内服薬は全く飲ませずに様子をみることにしました。

 

⑤のタリピッド耳科用液0.3%(耳に垂らす外用薬)だけは使っています。

 

結果、

医師による完治の診断は受けていないので、

くすぶっている恐れはありますが、

発症から17日目の現在、

中耳炎の症状は素人目には出ていません。

 

経過は、

(とある週の)水曜の夜、耳が痛いと訴える。小児用バファリンで鎮痛して寝る。

木曜、「耳は痛くないから幼稚園に行く」と言う。行かせる。

 放課後、受診予定の耳鼻科が休診で、受診できず。

金曜、耳鼻科休み

土曜、耳鼻科受診で中耳炎と診断。耳痛はなし、微熱あり。本人は割と元気。

 「〇〇に行きたい(外泊したい)」と言うので、そのまま外泊。

日曜、外泊先にて。耳痛なし。発熱あり。咳、鼻水、目やにが多く出る。

 本人は割と元気。

 咳、鼻水、発熱が風邪によるものなのか中耳炎によるものなのか、 

 両方によるものなのかは判断がつかない。

 目やにが多く出たのは、中耳炎の膿を出す働きなのかも

 と素人考えで思ったり。

月曜、耳痛なし。微熱あり。

 咳がひどく、本人も行きたくないと言う為、幼稚園は休ませる。

 午前中、寝て過ごし、大量に汗をかく(菌と戦ってる最中?)。

火曜、平熱(菌との戦いに勝利した?)。

 咳が残っており、本人も行きたくないと言う為、幼稚園は念の為休ませる。

 耳鼻科再受診。「中耳炎はよくなってる」との診断。

 「外泊の為、抗生剤は飲ませられなかった」と自己申告もした。

 それに対する医師のリアクションは特になし。

 前回と同じ薬を追加で処方される。

水曜、平熱。幼稚園登園。薬は不使用。

 

というものでした。

 

抗生剤がなければ治せない病気もあり、

否定するつもりは全くありません。

 

けれど、耐性菌ができる問題があったり、

抗生剤によって腸内のよい細菌がいくらかでも死んじゃったり、

抗生剤とアレルギーとの関連性も全くないと証明されているわけではないのなら、

積極的に使いたい薬では、全然、ありません。

 

今回、中耳炎を起こした菌だかウィルスだかに、

コドモはとりあえず、抗生剤の助けを借りずに勝利しました。

願わくば、これで一件落着といきたいところですが、

 

今回の菌だかウィルスだかが抗生剤を飲まなかったことで生き残っていたとして、

中耳炎が再発したとしたら、もう一度コドモの免疫?と戦わせることになります。

その時、抗生剤がやはり必要ということになれば、

その時にまた考えるけれども、

やはり薬全般、ワタシはあまり使いたくはありません。

 

医師の診断・処方に従わないとなると、同じ病院には行きづらいし、

今後、耳鼻科受診が必要場合はどうしようか、と、それは今考え中です。

 

そして、あぁ~、やはり抗生剤飲ませておくべきだった~と

後悔することは避けたいけれども。