NOW OR NEVER

50目前にして5歳の子育て真っ最中、フリーな働く母になりたい兼業主婦の雑記ブログです。

コミュニケーションは質より量

コミュニケーションは質より量。
どんな風にと悩むより、一緒にいることが大事です。
子育て中も、量の不足を質でカバーしようとあがいていました。
でも一緒にいる時間が増えれば、質が変わる! これが実感です。
 2018年9月9日付け朝日新聞 加藤登紀子のひらり一言より

 

f:id:itsnowornever:20180912062123j:plain

働いていたりして子供との時間を多く持てない母を

応援するコトバとして、『コミュニケーションは量より質』

ということは何度も聞いたことがあります。

でも、とにかく一緒にいることが大事ということが

あえて主張されているのは聞いたことがなかったような・・・。

 

もともと人類は共同体の中で子育てをしてきているから、

母が孤独な状態での子育ては不自然。

世のお母さん方が、ワンオペ育児の場合に疲れ切ってしまうのは当然。

という話を聞いたことがあります。

 

なるほどなるほど、と思うし、疲れてしまう母の擁護とも受け取れますが、

そうは言っても、

ワンオペにならざるを得ない状況、

その中でコドモの態度にイラッとしたりして、

コドモに素っ気なくなってしまう自分・・・。

 

ずっと一人でコドモと時間を過ごして、キツくなってくる。

そして、多くの人に関わってもらった方がコドモの為にもいい。

となると、ワタシがしんどくなるのは、骨折り損のくたびれもうけ?

 

とにかく一緒にいることが大事(どんなにワタシの機嫌が悪くても、かな)と

言い切ってもらえると、

それはそれで、とても救われる気がしました。

 

まー、ワタシにはそんな風に響いたけれど、

本当は『コミュニケーションは質より量!

 一緒にいる時間が増えれば、質が変わる!』

とは、コドモと接する時間が圧倒的に少ないオットにこそ

言うべき言葉なのかも。